出会い系 せフレ

友達から話があると言われて、会うことになりました。その彼女はいつもとても高級品を持っていて、家が裕福なんだろうと
思っていました。その話とは、びっくりしましたが出会い系で知り合った男性がせフレを探しているというのです。それを私に
しないかと話を持ってきたのです。彼女の話によれば出会い系で知り合い、会ったけど彼女はタイプではないようで、私のように
大人しい女性を探しているとの事でした。男性は、お医者さん。裕福な方のようで、一度会って見ないかと勧められました。
迷いましたが、とりあえずあって見る事に。見た目はよくありませんが、服装や持っているものは高級品でした。話をしてみると
「出会い系とかせフレとか、嫌だったかな?」と聞かれ正直に「よくわかりません」と答えると、彼は条件を言ってきました。

その条件にびっくりしました。ちょっとお金にも困っていたのでOKしました。とりあえず、ホテルで詳しいことを話そうと言われ
ついて行きました。ちょっと高そうなホテルに入り、男性が「悪いようにはしないから」とカバンの中に札束を入れました。
ちょっと怖かったのですが、とても紳士的。私はせフレになることを了解しました。出会い系でもこんな人もいるんだと不思議
でした。「体を売っているような女の子じゃなくて、君のように普通の女の子がいいんだ。」と言うことで納得。セックスも
手馴れているようで、上手かったです。今では週に2回は会っています。仕事を辞めてもいいかなと思うぐらいのお小遣いも
くれます。せフレと聞くと聞こえは悪いですが、今の関係が続けばいいなとも思っています。
愛人契約
愛人