作成者別アーカイブ: swiftonlinejobs

Jメール

僕がJメールで出会った女の子は、少し精神的に弱いのかな?と言う感じの子でした。
好きの感情とはちょっと違って、でも守ってあげなきゃいけないような気がする、強がっているけどどこか儚い雰囲気のある女の子。
僕がJメールで出会いを求めていた理由はちょっとした暇つぶしで、話し相手が欲しかっただけなので言ってしまえば男性でも構いませんでした。
さすがに出会い系で男性である僕が男性にメッセージを送っても返事さえもらえませんが。
というわけで、別に身体を目当てとしているわけではない事に安心してくれたのか、その女の子は初めて会ってからというもの週に一度は僕のところへ尋ねて来るようになったのです。
Jメールと言う出会い系で出会った割りに、どこか絶妙な僕らの関係はそれでも居心地が良くて、僕も彼女が来るのをいつも楽しみにしています。
何度か会ううちに、ポツポツと自分の身の上を話すようになった彼女。

僕が最初に感じた通り、劣悪な家庭環境によって心に深い傷を負っているようでした。
そんな時は少しの間同調してから、明るい話をして気持ちを切り替えられるようにしてあげます。
僕と過ごすわずかな時間だけでも、彼女が少し笑顔でいてくれたら。ただ純粋に、そんな気持ちです。
美味しいものを食べるときの彼女は本当に心から幸せそうな顔を見せてくれます。
誰かこの笑顔を守ってあげる人が現れると良いのに。
無責任は承知ですが、残念ながら今の僕にはそこまでの器はないのです。
人妻出会い
人妻

セフレ 見つけ方

みんなはセフレの見つけ方を知っているかい?
まぁ一言で見つけ方って言われても難しいだろうけど、セフレを作りたいならまず努力、これが必要なのですよ。
何もせずにセフレが見つかる、友達からセフレになる、ないないない(笑)
セフレの見つけ方というのは一に努力、二に努力、三四が努力で五も努力、これです。
まずは様々な場所に網を張り、そういう可能性のある女性を逃さないことだね。
そして一般的には最も可能性が高いのがやっぱり出会い系サイト。
ここには少なからず淫乱女性、ヤリマン、セフレ希望者、そういった人種の女性たちもいます。
その女性たちと如何に連絡を取り、如何に自分の息子を咥えさせ、そして如何にイカせまくるか。
私がオススメするのはストレート勝負。
まず自分がセフレを探しているということを公けにし、そういった女性にアタックをする事。
そういう希望や願望がない女性が急に方向転換することはまずない為、最初から気のある女性を探すことが大切なのだ。
この状態で網にかかる女性たちは数%から数十%の確率でセフレになれる。
なんせ男の方が「セフレ募集」と分かってて近づいてくるのだから。
そうしたらもうこっちのものだ。
女性を誉め、浮かれさせ、自分と会ってもいい気分にさせ、そして会う。
もちろん最初からラブホテルからだ。
そこで「まずは食事」なんて言ってる男には一生セフレなんてものは出来ない。
会ったら即ハメて相性チェックが基本、当然そこで奉仕してイカせまくり、自分の虜にさせる。
これでセフレの完成だ。
簡単な様に見えて全ての段階で努力を惜しまないこと、これに尽きる。
まぁ見つけ方と聞かれれば、出会い系でストレート勝負しろってことかな。
神待ち掲示板
神待ち

ワリキリ 失敗

逆割り切りをした経験があります。私が望んでそうなった
わけではなく、持ち合わせがないからという理由でです。
この時の出会いは私にとってはどんな出会いよりも苦い思い出(失敗したエピソードになります。)
があります。最初のデートの時にホテル代を払い、そのお釣り
を彼が「お小遣いにしたいので欲しい。」と言われた時に、私の中で今回は相手選びを「失敗したな。」と確信しました。
2度と会わないことを条件に5千円渡しました。結果として私が割り切りの通常の形の場合の
男性の役割にこの日はなりました。みんな事情があるので仕方がありません。更にその「失敗」した相手はその後、複数回に
渡り、割り切りの関係を復活したいだのお金を工面して欲しいだのというメールがありました。仕事は
しているものの、私だって裕福な家の奥様というわけではないので
お断りしたら、今度はいやがらせのメールやショートメール、電話が
1日に数十回入るようになりました。罵るような言葉遣いのメールや
マナーモードにしておいても何回も着信履歴に彼(失敗作)の電話番号がのるよう
になりました。日中も真夜中も電話やメールが来るので、煩わしく感じ、
結局電話を新規で買い替え、メールアドレスも変更してしまい、
今に至っています。「自宅はとっくに調べてあるから、今から行く!」に
始まり、「嫁に見つかりお前のせいで離婚になった。慰謝料を払え!」という
メールは百回ぐらい来ました。失敗も失敗、大失敗。まったく不運どころの騒ぎではありません。
時には、フリーメールを使い、奥さんを装い、「慰謝料をいただけたら今回は
旦那様のところには行くのをやめる。でも慰謝料がもらえないなら夫と割り切りで浮気をしたことを暴露するのに
家に行きたいので住所を教えろ。」というような内容のメールが再三
来ました。こんな北陸の片田舎でさえ、こんなことが起こるんだなと
思いながら、携帯電話の機種変更をしました。この時ほど、逃げるが勝ち
ということを実感したこともありません。割り切りをする場合は、感情を持ち込まない、ある程度は
トラブルが起こる場合も想定して行動をすることが大事だと学んだ日々でした。
せふれ
セフレ

家出 神様

社会的にかなり叩かれている感のある神待ちサイトですが、そこで忘れてはならないのは、女性から神様と呼ばれている男性たちの存在です。
世間からいろいろと言われているにもかかわらず、こうしたサイトがなくならないのはこの「神」と呼ばれる男性たちを求める女性が多いからでしょうね。

社会的な背景という意味でいうと、女性とくに若い女性の家出が増えているのも、こうしたサイトや神様と呼ばれる男性やサイトの存在に大きく影響しているといえます。

最近の若い女性、とくに10代の女の子たちは、親や学校と対立するとすぐに家を出て、友だちのところに緊急避難したり、場合によっては神待ちサイトで知り合った男性に助けを求めてしまうのです。

若い女の子たちの家出が増えている理由のひとつには、スマホなどのモバイル機器の普及があげられます。どこにいてもインターネットを通じて欲しい情報はすべて手に入るし、写真や動画も一瞬にして共有できてしまうので、親や学校からうるさく言われても、ネットの世界に逃げ込んでしまえば誰からも何も言われない自由な世界がそこにあると思い込んでしまうのです。
神待ちサイトも、そうしたインターネットで接続された向こう側の世界のひとつとしてとらえられているためか、リアルさが希薄で、そこで行われる行為自体もどこか現実感の乏しいものとなっています。

そのため家出をした女性は、サイトで知り合った神様と呼ばれる男性の庇護を受け、その代わりに自分の身体を提供してお返しをするといった、通常では考えられない行動を取ってしまっているとも言われています。

そんな女性たちの神様になってみたいと思う男性は増える一方ですが、それと同じくらいに神待ちサイトも増え続けているので、その意味では需要と供給のバランスが取れていると言えるのかも知れません。
せフレ
せふれ