援助 逮捕

援助交際で逮捕される人は後を絶ちません。
若い子の体を貪りたいのには同意しますが、逮捕されるのは嫌です。
どうせなら安心安全な援助交際をして、
長くいつまでもたっぷりと女の子を味わうのが賢いやり方です。

まず第一に未成年とエッチしないのが大事です。
まあ、これが出来ないからみんな逮捕されるのでしょうが。
若い女の子としたいから援助交際で食べるのではなく、
安全な年齢の女の子を幼く見えるようにすれば良いのです。
これぞ逆の発想だと私は思います。

コスプレの一つとして幼い子供服を着せてみたり
髪型をロリっぽいツインテールにしてみたり、
このような変化をつけるだけでもかなり幼い印象になります。
子供用の靴下をはいてもらうのも非常に効果的です。
他にも髪飾りなども有効活用できます。
もちろん、30代の女性にこんな事をしても気持ち悪いだけですので
20歳前後の女の子にしてもらいましょう。

未成年とエッチしたら犯罪です。
それよりも、成人した女性を未成年っぽい雰囲気にする事の方が安全ですよ。

逮捕される危険があるよりかは、はるかに現実的なはずです。
最悪の場合はニュースで実名報道もありえます。
想像してみてください。
援助交際で逮捕されたニュースの中に自分の名前があることを。

制服のコスプレなんか私は最高だと思います。
年齢が低ければ可愛いと言う事はありません。
犯罪などせずとも、楽しいエッチ相手はいっぱい居るのです。
今後、援助交際で逮捕されるニュースが流れないのを祈るばかりです。
知人の名前をニュースで見た私の切なる願いです。

せフレ
セフレ

秘書 愛人

僕の勤める会社は腐っている、最近それを痛感する出来事がありました。
そして僕もクズだと実感する出来事でした。
僕は入社して10年、今年33歳になる総務課の主任です。
僕の勤める会社は先代の社長が企業し、現在はその息子が経営するいわゆる一族経営です。
その現在の社長、これが本当に…腐ってる男なのです…
結婚しており、子どももいたはずですが、あの男には複数人の愛人がいます。
そしてその愛人というのが我が社の秘書たちなのです。
社長には必要以上に秘書がついており、その全員と労働契約と愛人契約を結んでいるのだ。
今までは噂でしかなかったが、つい先日それがハッキリした。

僕がデリヘルを利用する為にラブホテルへ行った際、社長と秘書課の人間が同じホテルに入っていくのを目撃してしまったのだ。
僕は翌朝思い切ってその秘書の一人に事実を問いただしてみたところ…
少しの沈黙の後、このことは黙ってて欲しいと言われ、非常階段で突然僕のアソコを舐め出したんだ。
僕はその快感に身を委ねてしまった。
自分の快楽の為に目をつむったんだ。
そしてそれからというもの、僕はその秘書とそういった関係になった。
僕はもうあのことを言うつもりはないが、彼女としてはそれを口外されるのは何よりも怖いらしいのだ。
まぁ当然自分が社長の愛人と分かれ会社にいられる訳もなく、職を失うことになるだから。
後から聞いた話だが、社長はイイ女と出会うと、倍以上の給料をエサに自分の秘書、そして愛人へ誘うらしい。
それだけの見返りを受け取っているのだから、失うのが怖いのも分かるが…
とりあえず僕は人間の愚かさを感じずにはいられなかった。
援助交際
援助交際 相場

愛人契約

私の愛人契約は一般的に言われる愛人契約よりも少しラフな感じでして、月にいくら、ではなくて会うたびにいくら、というものです。
私の場合は大体前日までに会う約束を交わして、会えば食事やエッチなど、そして5万円のお小遣いを頂いています。
パパと出会ったのは私が働いている飲食店で、お客さんとして来ていたパパが私のことを気に入って声を掛けてくれたのが始まりでした。
私から出した条件は、会っている時間以外は基本的に束縛をしないこと。
まだ仕事を続けたかったのと、実は遠距離恋愛中の彼氏もいたのでそのような条件を提示したのです。
それに対してパパのほうも私以外に愛人が数人いるということで、その条件を飲んでくれました。

それ以来4~5年そんな関係が続いてきましたが、彼氏とそろそろ結婚の話も出ているので、愛人契約の解除を考えています。
パパは気さくで話も面白いし、エッチも上手いし、その上お小遣いももらえるなんてこんな関係を切るのはもったいないような気もしますが、これからの人生も大切なので、彼氏にばれる前にさっさと契約解除をしようと思います。
愛人契約はリスクも高く失敗も多いようですが、私の場合はこれ以上ないくらいの良いパパに出会えたのかなと思います。
ウマイ話ばかりして実態は全然違った、なんて話をネット上でよく見ますが、そういえば私のパパはウマイ話なんて一切しなかったな。
とにもかくにも精神面をやられないためには束縛されないと言う条件は重要だと思います。
ゲイ 出会い系
ゲイ

出会い系 せフレ

友達から話があると言われて、会うことになりました。その彼女はいつもとても高級品を持っていて、家が裕福なんだろうと
思っていました。その話とは、びっくりしましたが出会い系で知り合った男性がせフレを探しているというのです。それを私に
しないかと話を持ってきたのです。彼女の話によれば出会い系で知り合い、会ったけど彼女はタイプではないようで、私のように
大人しい女性を探しているとの事でした。男性は、お医者さん。裕福な方のようで、一度会って見ないかと勧められました。
迷いましたが、とりあえずあって見る事に。見た目はよくありませんが、服装や持っているものは高級品でした。話をしてみると
「出会い系とかせフレとか、嫌だったかな?」と聞かれ正直に「よくわかりません」と答えると、彼は条件を言ってきました。

その条件にびっくりしました。ちょっとお金にも困っていたのでOKしました。とりあえず、ホテルで詳しいことを話そうと言われ
ついて行きました。ちょっと高そうなホテルに入り、男性が「悪いようにはしないから」とカバンの中に札束を入れました。
ちょっと怖かったのですが、とても紳士的。私はせフレになることを了解しました。出会い系でもこんな人もいるんだと不思議
でした。「体を売っているような女の子じゃなくて、君のように普通の女の子がいいんだ。」と言うことで納得。セックスも
手馴れているようで、上手かったです。今では週に2回は会っています。仕事を辞めてもいいかなと思うぐらいのお小遣いも
くれます。せフレと聞くと聞こえは悪いですが、今の関係が続けばいいなとも思っています。
愛人契約
愛人